低GI値食品

積極的に食べたい低GI値食品

MENU

積極的に食べたい低GI値食品

酵素リーマン

 

今ではもうブームは去っていますが、一時期、「低GIダイエット」、つまり、「GI値の低い食品を食べる」ダイエットが流行りました。

 

GIという概念は、直接、酵素と関わりがあるわけではないので、このサイトで取り上げるのはどうか?とも思いましたが、低GI食品は、「健康」のために酵素と同じように積極的に食べたいものなので、取り上げてみました。

 

GI値別の主な食品も調べてみたので、何か参考になればと思います。


GIとは?

そもそも「GI」というのは何かというと、
「グリセミック・インデックス」の略で、簡単に言うと、
「炭水化物を食べた時の血糖値の上がりやすさを表した数値」です。

 

GI値が低ければ血糖値の上昇は緩やかで、
逆に高ければ血糖値が急上昇するというもので、
このGI値を指標にしたのが低GIダイエットです。

 

なぜGI値がダイエットの指標になったのかというと、
炭水化物抜きダイエットの危険な落とし穴」のページでも説明しましたが、
甘いものなどを食べて血糖値が急上昇すると、
大量にインスリンが分泌されます。

 

インスリンが過剰に分泌されると、
余ったエネルギー源が脂肪として蓄えられる作用が働きます。

 

血糖値の急上昇を繰り返すような食生活をしていると、
脂肪の蓄積で肥満が進むことになるので、
GI値にフォーカスして、低GI値食品を食べるダイエットが
注目されたというわけです。

 

低GI食品のすすめ

酵素リーマン的には、ダイエットには、
バランスのとれた栄養素が必要だと思っているので、
そのバランスがくずれる低GIダイエットは
好ましくないと思っています。

 

GI値を指標にするのであれば、ダイエットではなくて、
健康管理のために使うべきかな、と思いますね。

 

血糖値の急上昇は、肥満レベルならまだ笑って話せますが、
メタボリック症候群になったり、
へたをしたら命に関わる重大な病気を引き起こします。

 

低GI値の食品は、ブドウ糖がゆっくり吸収されるため、
血糖値がほとんど上昇しません。

 

血糖値の急上昇がないということは、酵素の無駄遣いもないし、
理想的な代謝ができると思います。

 

そういう意味で、普段、GI値の高い食品を食べることが多いですが、
できるだけ低GI食品と中GI食品を食べるようにするのが
健康のことを考えるとベターだと思います。

 

食べたい食べ物を我慢するのは、逆にストレスを起こさせて
あまり良くないので、たまには高GI食品も良いと思います。

 

白砂糖を使ったお菓子など、少し控えるだけでもずいぶん効果が違うので、
できる範囲で「高」→「低」へとシフトしていきたいものです。

 

ということで、主な食品のGI値を記載してみましたので、参考にしてください。

 

主な食品のGI値(100gあたり)

 

 

食品名

GI値

 

 

食品名

GI値

高GI値(71以上)

110台 グラニュー糖

110

続き 40台 黒米

49

    白砂糖

110

    ベーコン

49

    氷砂糖

110

    レバー(牛)

49

  100台 三温糖

108

    赤米

48

    黒砂糖

108

    うに

48

    キャンデー

108

    サラミ

48

  90台 あんぱん

95

    レバー(豚)

48

    どら焼

95

    つみれ

47

    水飴

95

    あなご

47

    フランスパン

93

    コンビーフ

47

  80台 ビーフン

88

    ココア

47

    せんべい

88

    厚揚げ

46

    はちみつ

88

    ゼリー

46

    大福

88

    ハム

46

    白米

85

    ソーセージ

46

    もち

85

    豚肉

45

    キャラメル

85

    牛肉

45

    ポップコーン

85

    鶏肉

45

    かりんとう

85

    カキ

45

    ドーナッツ

85

    うなぎの蒲焼

44

    食パン

84

    しじみ

44

    ロールパン

83

    はまぐり

43

    じゃがいも

83

    油揚げ

43

    メープルシロップ

82

    コーラ

43

    練乳

82

    スポーツドリンク

43

    ナン

82

    豆腐

42

    ホットケーキ

82

    まぐろ

40

    ショートケーキ

82

    あじ

40

    いちごジャム

82

    いわし

40

    もち米

80

    かつお

40

    フライドポテト

85

    さば

40

    うどん

80

    いか

40

    こしあん

80

    えび

40

  70台 チョコレートケーキ

79

    たこ

40

    あん団子

79

    しらす

40

    みたらし団子

79

  30台 生クリーム

39

    チョコレート

79

    日本酒

35

    つぶあん

78

    ビール

34

    クッキー

77

    プルーン

34

    赤飯

77

    きな粉

34

    コーンフレーク

75

    納豆

34

    マフィン

75

    みそ

33

    とうろもこし

75

    ヨーグルト

33

    ベーグル

75

    クリームチーズ

33

    インスタントラーメン

74

    玉ねぎ

30

    チーズケーキ

74

    大豆

30

    切り干し大根

73

   

30

    ラーメン

71

    果糖

30

中GI値
(70〜61以上)

60台 クロワッサン

68

    バター

30

    そうめん

68

    焼酎

30

    パスタ

65

  20台 カシューナッツ

29

    かぼちゃ

65

    ピーナッツ

28

    長いも

65

    春雨

26

    パイナップル

65

    牛乳

26

    カステラ

65

    アーモンド

25

    アイスクリーム

65

    アガベシロップ

25

    さといも

64

    こんにゃく

24

低GI値(60以下) 60台 五分づき米

60

    しらたき

23

   

60

    ブラックチョコレート

22

    ポテトチップス

60

  10台 ひじき

19

  50台 ライ麦パン

58

    めんつゆ

19

    ぎんなん

58

    クルミ

18

    おかゆ

57

    ピスタチオ

18

    玄米

56

    昆布

17

    ピタパン

55

    青のり

16

    五穀米

55

    コーヒー

16

    ナッツ

55

    マヨネース

14

    ちくわ

55

    みりん

14

    さつま揚げ

55

    寒天

12

    さつまいも

55

    ところてん

12

    シュークリーム

55

    濃口しょうゆ

10

    プリン

52

    紅茶

10

    ごぼう

52

    日本茶

10

    かまぼこ

51

  9以下

9

    そば

50

    薄口しょうゆ

9

    全粒粉パスタ

50

    穀物酢

3

    全粒粉パン

50

       
    ツナ缶

50

       

 

 

 

酵素リーマン

 

[酵素リーマンの一口メモ]

 

上の表の食品のGI値を調べていた時に、
ふと、「酵素ドリンクとか酵素サプリのGI値ってどうなんだろう?」
と、ふと思いました。

 

思い立ったが吉日、ということで
酵素サプリ販売会社12社に「GI値(グリセミック指数)を教えてください」
という質問をぶつけてみました。
(酵素ドリンク販売会社に質問をしなかったのは、対象の会社が多すぎて
回答がもらえなかった時に虚しくなるので単に避けただけです)

 

ちょっと無謀な質問かな?と思いながらアプローチしてみたのですが、
残念ながら予測通りの結果で、「分からない」とか「調べていない」
という回答ばかりでした。チーン、残念。

 

1社だけは、メーカーに問い合わせてくれているところがありますが、
その後、音沙汰がありません。