酵素ダイエットで痩せるのはウソ?

酵素ダイエットで痩せるのはウソ?

MENU

酵素ダイエットで痩せるのはウソ?真相は?

酵素リーマン

 

「何事もそうですがブームが加熱してくると、それに水をさすような話がでてきます。酵素ダイエットもそれと同じで、否定するような批判を聞くことがあります。

 

そんな批判に対して、酵素推進派のひとりとして酵素リーマンの意見を書いています。酵素ダイエットを始めようと考えている人は、ぜひチェックしてください。


ブームに踊らされているだけ?

酵素ドリンクダイエットがブームになっている一方で、
酵素がダイエットに効く、というのは真っ赤なウソ!
という記事を目にすることがあります。

 

いつの世も同じですが、ブームが加熱してくると、
その熱を冷やすかのような批判が出たりしますよね。

 

ブームというのは、誰かが操作している、などと言われることがありますが、
特に、ダイエットは、時代が変わってもなくならないニーズなので、
ビジネス操作されているのかもしれません。

 

考えようによったら、ブームが加熱した頃を見計らって、
次のブーム作りの前準備として、熱を冷ますような行為が意図的にされている、
ということも考えられなくもありません。

 

ともあれ、「酵素がダイエットに効く、というのは真っ赤なウソ!」
という批判があるのは事実なので、酵素推進派の酵素リーマンとしては、
売られたケンカは受けてたたねば(笑)と思い、調べてみました。

 

酵素ドリンクに対する解釈が違っている!

酵素ドリンクの通販業者などにも質問し、そこから得られた回答も参考にしながら
自分なりに出した答えがこれです。

 

酵素ドリンクで“酵素”そのものをとり入れて痩せる
という解釈を前提にした場合、
酵素がダイエットに効く、というのは真っ赤なウソになります。

 

えっ!やっぱりウソだったの?
酵素ダイエット推進派は敗北したの?と思うかもしれませんが、
いえいえ違います、まだ続きがあります。

 

上の黄色に塗り込んだ文字のところが問題なんです。
ここの解釈の仕方によって、結論が180度変わってきます。

 

酵素ドリンクっていったい何なの?という、そもそも論が焦点に!

どういうことか説明します。

 

『酵素がダイエットに効くというのはウソ』という意見は、
だいたい次のような流れで組み立てられています。

  1. 人間の体内にある酵素が不足すると消化や代謝がうまく働かず不調をきたすため、酵素ドリンクで酵素を補給することが大切。
  2. しかし、酵素はタンパク質なので胃酸で失活(死滅すること)してしまう。それに、酵素ドリンクの製造過程で高熱処理するのでその時点で酵素は死滅している。
  3. なので、酵素ドリンクで酵素を補給できることはできないので、痩せることはない。

 

酵素ドリンクに酵素が入っているという前提であれば、
酵素が胃酸や熱に弱いということは事実なので、
『酵素がダイエットに効く、というのは真っ赤なウソ!』
という批判は、くやしいのですが正しいことになります。

 

しかし、
酵素液には”酵素そのもの”が入っているという解釈自体が間違っている
ために、結論もおのずと間違ってしまっているんです。

 

酵素ドリンクには”酵素そのもの”が入っているわけではない

どういうことかというと、
酵素ドリンクに入っているものは酵素そのものではなく、
体内酵素をサポートするための発酵エキスと酵母菌(麹菌などもあります)です。
つまりは体内酵素を増やすための「材料」だということです。

 

酵素飲料は酵素がたくさん入っている飲み物というイメージがありますが、
本来、酵素飲料とは体内酵素を増やすための材料が入っている飲み物です。

 

正式な呼び方は「補酵素飲料」なのですが、
最近は酵素飲料と呼ばれることが多くなってきているために、
酵素飲料には酵素が入っているという誤解を招いているケースが多いんです。

 

このことは、多くの人が誤解していることだと思います。
他のサイトを見ても、このようなことは説明されていません。

 

酵素が入っていないのに、なぜダイエット効果があるの?

酵素ドリンクが酵素を摂るための飲み物でないなら、
やっぱりダイエット効果がないんじゃないの?
と思うかもしれませんが、大丈夫です。ダイエット効果はあります。

 

というのも、酵素ドリンクの真の目的は、
酵素の材料となる栄養素を摂取して、体の中で酵素が作られる仕組みを整える
というのが酵素ドリンクの正しい解釈です。

 

“酵素”そのものをとり入れて痩せるという解釈は誤りであっても、
発酵食品である酵素ドリンクを飲むことで体内酵素を補うことができ、
またデトックス効果なども加わることで、
結果的に「体質改善」→「減量」という流れでダイエットに至るということです。

 

“酵素”で痩せるということではなくて、
発酵食品の効果を活かしたのが酵素ドリンクダイエットだということです。

 

”酵素そのもの”を摂ることと、体内酵素を補うための成分を摂るということの2つは、
プロセスが違うだけで、最終的に得られる効果は変わりません。

 

生野菜や果物には”酵素そのもの”が含まれていますが、
生のものから必要な量を摂ることが今の食生活では難しい、
もしくは不足するわけなので、
手段は違いますが、同じ結果が得られる酵素ドリンクダイエットは、
極めて健康で効率的なダイエットだと思います。

 

 

批判の中に登場していましたが、
酵素は確かに胃酸で失活したり、熱に弱いという性質がありますが、
酵素ドリンクに含まれている成分が”酵素そのもの”でない以上、
そもそも議論の対象になりません。

 

上記2つの酵素の性質については、「酵素は胃酸で失活してしまう?
熱くして飲むと酵素が死滅する?」のページで解説しています。

 

自信を持って酵素ドリンクダイエットに望んで、目標達成しましょう!

 

総合評価ランキングから酵素ドリンクを選ぶ場合はコチラ

 

 

 

 

 

こちらのページも読むとさらに酵素ドリンク選びに役立ちます
原材料の数は多い方がいい?
食品添加物は酵素を浪費する?
酵素は熱に弱いので製造工程で死滅?
酵素は胃酸で死滅するので効果がない?
熟成期間が長いほうがいい?
授乳期、妊娠中、妊娠前でも大丈夫?