酵素は睡眠時に作られる

睡眠の一番の目的は酵素を生産することだった

MENU

睡眠と酵素の深い関係

酵素リーマン

 

「睡眠は食べることと同じくらい大切!一日の疲れをとるために必要なのはもちろんのことで、健康維持や美肌のためにもしっかりとらないといけない」ということは誰でもわかっていることですよね。

 

でも、このページを読んだら、その理由は表面的なことだった、という印象を持つかもしれません。

 

このページでは、睡眠の重要性を表すもっと根源的な理由を書いています。睡眠に対する認識がガラッと変わるかもしれませんので、ぜひ読んでもらえるとうれしいです。


酵素は睡眠時に作られる

睡眠時に作られる酵素

酵素の効果を最大化させるためには、
睡眠がとても大きなポイントを握っています。

 

質の良い睡眠は、健康を維持するためには欠かせませんよね。
ぐっすり眠れた翌朝は、頭がすっきりし体の疲れもとれて
元気いっぱいになるものです。

 

このように睡眠の目的は、心身を休めるためというイメージが
大きいかと思います。

 

でも、酵素の観点から見るともっと明確な目的があります。
それは、
人間は眠っている間に、酵素の大量生産が行われている
ということです。

 

 

酵素はいつ働く?」のページで、午後8時〜午前4時の時間帯は
「吸収と代謝の時間」だと説明しました。

 

この時間帯に、人間の体は全身の全ての臓器を点検し、
異常があれば修理、補修する新陳代謝をしていますが、
同時に酵素の大量生産を行っているみたいです。

 

翌日の消化や代謝に備えて、
1日分の体内酵素をチャージしているわけなんですね。

 

なので、夜更かしや徹夜をしていると酵素の生産が
思うように進みません。

 

酵素の生産量が少ないとどうなるかというと、
翌日の活動に必要な酵素を十分確保できないので、
それが原因で、次第に老化しやすく
病気になりやすい状態になってしまいます。

 

今、思うと以前の酵素リーマンの睡眠は、滅茶苦茶だったなあ、
と改めて思いますね。

 

終電で帰るのは当たり前だったので、寝るのはいつも午前2時過ぎ。
睡眠時間は3時間、良くて4時間くらい。
会社に残って寝ずに仕事をしていた最悪なケースも少なくなかったので、
数十年前の売れっ子アイドル並みでした(笑

 

それは、どうでもいいことですが、
とにかく、酵素の生産効率をアップさせるためには、
質の高い睡眠をとることが大事だということです。

 

酵素の生産効率アップの秘訣は?

ただ、注意しなければいけないことが一つあって、
長時間眠るだけでは、質の高い睡眠だとは言えないということです。

 

じゃあ、質の高い睡眠がどういうものかと言うと、
代謝の時間帯(午後8時〜午前4時)をなるべく多く含むことです。

 

さすがに夜8時に寝るのは、普通の生活だと無理だと思いますが、
夜11時か12時までには就寝できるとベターですね。

 

同じ睡眠7時間でも、夜11時から朝6時まで寝るのと、
朝4時から11時まで寝るのでは、
睡眠の価値が全く違いますからね。

 

よくお肌のゴールデンタイムといって、
夜10時から午前2時までの睡眠が大切だと言われますが、
その時刻は、酵素が大量生産される時間帯とも一致しています。

 

お肌のゴールデンタイムの根拠については、否定的な意見もありますが、
酵素の生産と同じ時間帯だと聞くと、あながちウソではないような気がします。

 

 

 

 

こちらのページも読むと酵素効果の最大化にさらに役立ちます
薬は酵素の働きを阻害する
不調の時こそ食べない方がよい
少食が長寿につながる
タバコと深酒は酵素の無駄遣い
食べてすぐ寝ると病気の豚になる
甘いもののとり過ぎは酵素を欠乏させる
酵素は良い水で活性化する