少食と酵素

少食が長寿につながるという酵素の横顔

MENU

少食が長寿につながる

酵素リーマン

 

ガッツリ食べないと食べた気がしない!という人がいるかもしれませんが、そんな人にとって耳の痛くなるような話です。

 

食べ過ぎは病気になりやすく、少食が長寿につながるということを書いています。長生きしたくない、という人以外は、ぜひ読んでみてください。


なぜ少食が健康・長寿につながるか?

少食が長寿につながる

食べすぎは体によくないと言うたとえに、
「腹八分目に医者いらず」ということわざがあります。

 

酵素リーマンは知らなかったのですが、これには続きがあって、
「腹六分目に老い知らず」ということわざもあるんですね。

 

腹八分目なら病気にならず、腹六分目くらいにおさえれば
老いることすらしないという話です。

 

そう言えば、100歳を超える長寿の方がテレビで紹介された時に、
長生きの秘訣を聞かれて、
「よく動いて、食事は腹六分目」と答えていたのを思い出しました。

 

単なる「戒めの言葉だ」と思う人もいるかもしれませんが、
酵素の考え方からすると少食は理にかなったことのようです。

 

というのも、病気は代謝(解毒や細胞の再生など)が
うまく働かないことで起きると考えられています。

 

代謝がうまくいかないのは、代謝酵素が不足しているからで、
その原因を作るのが消化酵素の無駄遣いによる消化不良です。

 

これを読めば酵素の全てがわかる」のページでも説明しましたが、
消化酵素が足らなくなるほどの消化不良を起こすと、
体内酵素は、消化酵素の補充に全力投球します。

 

その結果、代謝活動がおろそかになり、免疫力が落ちて
病気にかかってしまうということです。

 

過食がもたらす悪いパターンと、少食が長寿につながることを、
図に整理してみると以下のようなイメージになります。

【悪いパターン】食べ過ぎがもたらす悪い循環
食べ過ぎがもたらす悪い循環

 

【良いパターン】少食による理想的なパターン
少食による理想的なパターン

 

病気や老化を防ぐ最も簡単な方法が少食

このように病気や老化は、
代謝酵素に本来の働きをさせないことから起きるトラブルです。

 

それならば、代謝酵素にしっかり働いてもらうシステムに
すればいいわけで、最適なのが少食だということです。

 

少食と長寿の関係は、最近では書籍などでも紹介されていますし、
1日2食で健康になる、という説もあります。

 

酵素はいつ働く?」で説明したように、
4:00〜12:00の時間は、消化酵素や胃や腸などの消化器官が
休息している時間です。

 

ということは、朝は食べなくてもいいという理屈になります。
なので、朝食を酵素ドリンクで置き換えるというダイエットは
理にかなっているんだと思います。

 

 

 

 

こちらのページも読むと酵素効果の最大化にさらに役立ちます
睡眠と酵素の深い関係
薬は酵素の働きを阻害する
不調の時こそ食べない方がよい
タバコと深酒は酵素の無駄遣い
食べてすぐ寝ると病気の豚になる
甘いもののとり過ぎは酵素を欠乏させる
酵素は良い水で活性化する