ベジーデル酵素液

ベジーデル酵素液

MENU

ベジーデル酵素液

ベジーデル酵素液

 

ベジーデル酵素液
総合ランキングのおすすめ度 
「ベジーデル酵素液」の詳細情報はコチラです

 

他の酵素ドリンクのおすすめ度と比較する場合は→こちら

 

1830年創業の老舗の酒造メーカーが作った酵素ドリンクです。

 

106種類の良質な植物原料を元に、昔ながらの製法を用いて、
発酵に1年、熟成に1年、さらに追熟に1年以上の歳月をかけて
職人が丹念に作り上げています。

 

野菜や果物など100以上の天然素材を発酵濃縮させ、
食事の代わりに摂取することで、
健康的にダイエットすることをコンセプトにしています。

 

孤独なダイエットをサポートしてくれるシステムがあるのは
不安や挫折しがちな人には役立つサービスだと思います。

 

ベジーデル酵素液の食物繊維サプリ

1500円相当の食物繊維サプリも、

うれしい特典です。

 

商品基本情報

他の酵素ドリンクの基本情報と比較する場合はこちら→巨大スペック比較表

容量(1本あたり) 720ml
価格(単品購入1本あたり) 8208円(税込)
価格(定期便購入1本あたり) 6566円(税込)
返金保証
送料(単品購入) 無料
送料(定期便購入) 無料
特典(単品購入) 食物繊維サプリ(1500円相当)
特典(定期便購入) 初回届け時に食物繊維サプリ(1500円相当)
定期便解約 いつでも可
カロリー(100mlあたり) 174Kcal
黒糖の甘い味
用途(置き換えダイエット) 対象
用途(ダイエット以外) 対象
主な原材料 野菜、果物、野草(原材料明細はこの表のすぐ下に記載)
原材料の数 106種類
食品添加物 有(該当する添加物はこの表のすぐ下の原材料明細に赤色文字で記載)
有害物質 鉛・水銀の検査未実施(残留農薬、放射線は検査問題なし)
1日平均コスト(1ヶ月平均) 1179円 *コストの算出根拠は→こちら
1日平均コスト(3ヶ月平均) 1189円
1日平均コスト(6ヶ月平均) 1192円
1日平均コスト(1年平均) 1193円
品質ランキング 11位   *品質ランキングのページはこちら
コスパ(安さ)ランキング 22位   *コスパランキングのページはこちら
総合ランキング 17位   *総合ランキングのページはこちら

*1本当たりの価格は2014年4月1日現在(消費税増税後)、他の項目は2014年1月7日現在のデータです。

*「定期便購入1本あたりの価格」は、初回割引や継続割引等を除く通常の定期価格です。

*「返金保証」は、交換・キャンセルではなく、使用後の返金保証です。

*「定期便解約」が「いつでも可」でもキャンペーン時に最低回数の条件がつくケースあり。

*「有害物質」は、残留農薬、放射線、鉛、水銀。全て検出されていない場合に「無」表示。

 

原材料明細

*食品添加物が及ぼす影響について説明しています→こちら

赤色文字は食品添加物、該当なければ完全無添加)

植物発酵エキス(黒糖、大根、人参、カブ、ゴボウ、玉葱、蓮根、生姜、ミョウガ、ユリ根、ワサビ、モヤシ、ジャガイモ、さつま芋、里芋、ニンニク、白菜、キャベツ、ほうれん草、春菊、レタス、モロヘイヤ、フキ、水菜、小松菜、チシャ、チンゲンサイ、サラダ菜、ミツバ、ニラ、紫キャベツ、サニーレタス、パセリ、アサツキ、メネギ、セロリ、カリフラワー、ブロッコリー、食用菊、タケノコ、ズイキ、ウド、アスパラガス、カボチャ、きゅうり、白ウリ、なす、トマト、スイカ、冬瓜、ゴーヤ、メロン、シシトウ、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、明日葉、オオバコ、カンゾウ、ドクダミ、クコ、スギナ、ウコン、マタタビ、ビワ葉、イチゴ、みかん、レモン、梅、ビワ、ブドウ、プルーン、スダチ、カボス、柿、梨、パパイヤ、マンゴー、柚子、バナナ、パイナップル、アーモンド、カシューナッツ、昆布、ワカメ、ヒジキ、青のり、もずく、アオサ、アカサ、椎茸、舞茸、エノキ茸、シメジ、レイシ、玄米、大麦、ハト麦、粟、キビ、ヒエ、トウモロコシ、ごま、小豆、黒豆、インゲン、枝豆)、果糖ぶどう糖液糖、オリゴ糖、VE、VB1、VB2VB6

*食品添加物の定義等は、厚生労働省の以下のページに準じています。

指定添加物リスト」「既存添加物リスト」「食品添加物に関する規制の概要

*食品添加物ごとの用途は「食品添加物は酵素を浪費する?」のページで説明しています。

*2014年1月7日現在のデータに基づいています。

 

ポイントシステム

購入金額の1%をポイントとして還元され、
ポイントは「1ポイント=1円」として購入代金に使えます。
会員登録するだけで、500ポイントがつきます。(2014年1月7日現在)

 

ダイエットサポート・システム

購入後には以下の3つのサポートが受けられます。
一人だと“孤独感”で、ダイエットを断念しがちになりますが、
相談員と二人三脚で取り組むことができるので、続けやすい面があると思います。

【その1】
ダイエット相談室

ダイエット検定1級のプロフェッショナルアドバイザーが1人ひとりに合ったダイエットをご提案してくれます。不安や悩みも気軽に相談できます。

【その2】
サポートツール

体重チェックシートや豆知識が載ったダイエットカレンダー、体験者の声やノウハウの載ったツール等、ダイエット成功をサポートするツールがもらえます。

【その3】
サポートアイテム

「空腹に耐えられない…」そんな場合もあるかもしれません。
そんな時に役立つ、1,500円分の植物繊維サプリメントがもらえます。

(2014年1月7日現在)

 

酵素リーマンの一口メモ

にも書きましたが、ベジーデル酵素液は
昔ながらの製法を用いて作られています。

 

「ベジーデル酵素液」の原液を製造しているのは、
澤田酒造という酒蔵で、
大きな樽に106種類もの植物を細かくきざむことなく、
丸ごと漬け込む製法だということです。

 

酵素の培養に使う砂糖も、
ミネラル、ビタミンが含まれている沖縄産黒糖を使い、
さらに酒蔵に住んでいる蔵つき酵母菌を入れるという、
こだわりの酵素ドリンクです。

 

これがどのくらいすごいことなのかは分かりませんが、
酒蔵が作っているというのは安心感がありますね。

 

ベジーデル酵素液

 

れと販売サイトには、
ベジーデル酵素液の1日分を野菜に置き換えると1,020gになる
と書かれています。

 

厚生労働省が推奨する野菜摂取量(健康維持に必要な理想量)は、
成人1日当たり350g以上とされていますので、
計算上は理想量の約3倍にも及ぶことになります。

 

同省の国民健康・栄養調査(平成23年)によると、
実際の平均摂取量は277.4gで目標値には達していないことを考えると、
野菜の必要量を効率的に摂取できる酵素ドリンクだと言えます。

参考:厚生労働省ホームページ
平成23年国民健康・栄養調査結果の概要 (厚生労働省)

 

もちろん、ベジーデル酵素液を飲んでいれさえすれば、
生の野菜をいっさい食べる必要はない!などとは言えませんが、
それくらい豊富な野菜が原材料に使われているというこです。

 

1日あたりのコストが平均よりも少し高めですが、
この野菜含有量の付加価値があるからこそだと思います。

 

なお若干、食品添加物が含まれていますが、
栄養強化剤として使われているだけで問題ないと思うので、
品質は良い部類に入ると思います。

 

ちなみに、ベジーデル酵素にはサプリメントタイプもありますが、ダイエット目的で使うのなら、ドリンクの方が効果が高いです。

その理由は、ベジーデル酵素粒のページで紹介していますが、販売者さん自らがそのように回答しています。

 

 

ベジーデル酵素液の詳細情報はコチラです

 

 

 

 

酵素ドリンク 個別徹底解説(50音順)

アイ酵素

エッセンシア酵素

お嬢様酵素

果熟酵素フルーツダイヤ

翰慈堂 壱号酵素

酵水素328選

酵素de美身

酵素八十八選

ごちそう酵素

素敵な酵素(2014/01/22販売終了)

太陽の酵素

ファスティングデーツDX

ベジスイート

ベジタFULL酵素

ベジーデル酵素液

ベジデーツ

ベジライフ酵素液

ベルタ酵素

毎日酵素

(天然熟成)野草酵素

野草専科

優光泉

ローヤルエンザミン酵素

わがまま酵素

 

 

 

このサイトのTOPへ戻る